AGAの真の要因?脱毛因子TGF-βとは?

MENU

CLOSE

AGAの真の要因?脱毛因子TGF-βとは?

AGAの原因はジヒドロテストステロンじゃないの?

545ed1f61f2805359c01f7d736575c55_s

「AGAという薄毛症状を引き起こす原因はジヒドロテストステロンで、このジヒドロテストステロンを抑制するのがAGA治療の基本である」、これはAGA治療について調べたことがある人であれば、恐らく知っているであろうAGAによる薄毛症状の発生原因になります。

AGAクリニックなどの専門治療機関で処方される育毛剤も基本的にはこのジヒドロテストステロンを抑制することを目指しているものになります。ただ、本当に正確にAGAという薄毛症状が発生する流れを見ていくと、ジヒドロテストステロンが直接的に抜け毛を発生させているのではなく、ジヒドロテストステロンが発生した後に脱毛因子TGF-βというものが存在していることが分かってきます。

TGF-βとは何か?

では、この脱毛因子TGF-βというのは何なのでしょうか。この脱毛因子TGF-βとのは毛乳頭細胞で作られるものになります。ジヒドロテストステロンはこの脱毛因子TGF-βというものに変換されることで初めて抜け毛を促進し始めると言われています。

AGAの薄毛症状の発生の正確な流れ

この脱毛因子TGF-βという存在を踏まえて、AGAという症状の発生の正確な流れを述べていくと次のようになります。まず、男性の体内で男性ホルモンであるテストステロンの働きが活発になるのが、AGAという症状発生の引き金になります。

その後、この活性化されたテストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる体内に存在する酵素と結びつきます。この5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びついて発生するのが、ジヒドロテストステロンになります。

そして、このジヒドロテストステロンは毛乳頭細胞に存在する男性ホルモンレセプターというものと結合します。これにより、ジヒドロテストステロンは脱毛因子TGF-βというものに変換されます。

そして、この脱毛因子TGF-βは毛乳頭細胞の中には入り込んでいきます。毛乳頭細胞に入り込むと脱毛因子TGF-βはFGF-5という因子に働きかけを行います。このFGFという因子は1〜11までの種類があり、基本的には髪の毛の成長・細胞分裂といったものを積極的に行うように働きかけをしていきます。

ただ、この中でFGF-5という因子だけは「髪の毛を抜けさせろ」という指令を出す働きをしています。これにより、どんどん髪の毛が抜けていることになります。これがAGAによる薄毛症状発生の正確な流れになっていきます。

脱毛因子TGF-βによって発生する弊害と弊害を抑制するための成分

0f7cd69ed5c99e411d27f65a231b2fe0_s

育毛サイクルの成長期が短縮される

上記では脱毛因子TGF-βがどのようにして薄毛症状を引き起こしていくのかについて見てきました。脱毛因子TGF-βの働きによって、髪の毛の育毛サイクルがどんどん乱れていくことになります。髪の毛のヘアサイクルというのは成長期・退行期・休止期からなっています。

このうち、髪の毛が成長する成長期については4〜6年程度、平均して5年くらいの長さがあるといわれています。ただ、脱毛因子TGF-βの働きによって、この成長期の期間はかなり短縮されてしまいます。具体的にはこの成長期の期間が数か月〜1年程度になってしまいます。これによって髪の毛が細く短くなる細毛化という現象が進み、脱毛が進んでいくことになります。

脱毛因子TGF-βの抑制にはFGF-5Sが効果あり!

さて、この脱毛因子TGF-βについてですが、FGF-5Sという成分にこの脱毛因子TGF-βを抑える効果があると言われています。正確にいうと脱毛因子TGF-βの働きによって、働きが活発化するFGF-5の作用を抑えるというのが、このFGF-5Sの効果になります。

このFGF-5Sという成分は市販の育毛剤に良く配合されているM-034という成分の中に含まれています。このM-034という成分は副作用も少ない育毛成分として知られています。M-034を配合している育毛剤は定期コースといった形で購入すると費用を抑えて購入することが出来ます。一度試してみるのも良いでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧