どのくらいで薄毛になる?AGAの進行速度と対処法

MENU

CLOSE

どのくらいで薄毛になる?AGAの進行速度と対処法

AGAはあまりすぐには進行しない

薄毛外人

AGAの特徴として一つ言えるのは、あまり進行速度が速くないという事です。もちろん個人差はありますが、だいたい3年4年かけてじっくりと薄毛になっていくと言えます。それは、良い事のように見えてあまりいい事とは言い切れません。

なぜなら、ゆっくりと時間をかけて進行するということは、自分も他人もあまり気が付かないうちに薄毛になってしまう可能性があるからです。すぐに薄毛が進行するのであれば、明らかに見た目が変わるので、自分でも気が付くことがあるでしょう。

でもゆっくりと変化していくものには、人は意外と気が付きません。すごく久しぶりに会う人であれば、ゆっくりとした変化でも気が付くかもしれませんが、すごく久しぶりに会う人は、たとえ髪の毛が薄くなっていたとしても、まず間違いなくそのことには触れないでしょう。

毎日あっている人であっても、触れない可能性は高いくらいなので、久しぶりに会う人が触れてくれる可能性は0に近いと言えます。だから、気が付かないうちに進行が深刻になっていたりするのです。それがAGAです。

早めに治療しないとならない

AGAの進行がゆっくりで、なかなかそれに気が付きづらいというのは、何故よくないのでしょうか?それには、AGAは早めに治療をしないとならないという事が関係しています。AGAという病気は、毛母細胞の寿命を早めてしまうという特徴があります。毛母細胞とは、髪の毛をつくる際に欠かせないところです。

そこが寿命で死滅してしまうと、当然そこにはもう髪の毛は生えなくなります。だから、いくらクリニックでAGAの治療を進めていこうとも、それはただただ費用をかけているだけで、何の意味もない行為になってしまう可能性があるのです。そうならないようにするためには、少しでも早くAGAの治療を開始する必要があります。だからこそ、進行がゆっくりで気が付きづらいというのは困るのです。

進行に気が付くためには

801856acc82dbe6c85f5af79d30273f6_s

では少しでも早くAGAの治療を始められるように、その進行に気が付くようにする為にはどうしたら良いのでしょうか?

写真を定期的にとるようにする

そのためには、写真を定期的にとるようにすると良いでしょう。ただ日々自分の髪を見ているだけでは、まずゆっくり進んでいる薄毛には気が付きませんが、写真としてある特定の日と今を見比べていけば、その違いも明確にわかりやすくなります。

いうなればそれは、ものすごいスピードでその年月分のAGAを進行させたということになりますから。なので、もしかしたら将来薄毛になるかも、AGAになるかも、あるいはなっているかもしれないと感じる人は、定期的に自分の髪の毛の写真は撮っておくと良いでしょう。

不安を覚えた段階でクリニックに行ってみる

少しでも早くAGAの進行に気が付くためには、「もしかしたら抜け毛が増えてきている?」という一抹の不安を感じた段階で、直ぐにクリニックに行ってみるということもアリです。クリニックでは、無料カウンセリングというものを行っています。

だから、自分は今AGAを発症しているかどうか、相談することが出来るでしょう。クリニックや育毛サロンなどは、世の中にたくさんあります。だから色々なところに無料カウンセリングで定期的にいくようにすると良いでしょう。あるいは無料相談の中で、定期健診のように訪れて良いといってくれるところもあるかもしれません。

そうしたらそこに定期的に健診に行くようにすればよいです。そうして定期的に相談するようにしていけば、発見がすごく遅れるということはまずなくなります。そして、治療をしても、ただただ副作用が心配なだけで肝心の効果がでないということはなくなるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧