薬が効かない?!AGAの薬が効かない時の対処法

MENU

CLOSE

薬が効かない?!AGAの薬が効かない時の対処法

薬を別の薬に変える

15b779dd15b1c7710f668a8a24541822_s

AGAの薬は、何も一種類ではありません。そうして幾つかの種類があるのは、AGAを発症してから薄毛になるまでの理由に違いがあるという理由があります。AGAの原因となるのは男性ホルモンですが、男性ホルモンが活発に働いているだけで薄毛になるわけではありません。

男性ホルモンが活発になり、毛穴を詰まらせたりしてしまうから、薄毛になるのです。そしてその毛穴の詰まり方に、違いがあるのです。ある人は、皮脂腺が原因となり、ある人は毛乳頭が原因となります。クリニックでよく使われる治療薬は、主に後者の、毛乳頭が原因となって毛穴がつまり薄毛になっているという人に向けたものになります。

一見こうした後者の原因にみえたから後者の薬を使っていたけど、実は前者の原因だったという場合もあるでしょう。だから、もしAGA治療の為の薬をつかっていたけどなかなか成果が出ないという場合には、思いきって薬を変えてみるのも効果的なのです。

クリニックごと変えてみるのもアリ

薬を変える時に一番楽なのは、そのクリニックに相談して変えることでしょう。でも、そうしてみてほしいと言っても聞いてもらえないこともあるでしょう。もちろんその場合、自分では気が付かないようなところでは効果が出ているという可能性もあります。

だけどやはり自分が気になるところの効果を出したいと思うのが人間です。だからそういう時には、クリニックごと変えてみるというのもアリなのです。別に一つのクリニックにずっと通わないとならないという事もありません。

病気で病院へ行く際だって、途中で病院を変えるということは良くあることです。そして、そうやって病院を変えたことによって、治療がきちんと進むようになったという事もあります。だから、薬が効かない時には、病院自体を変えてみるというのもアリでしょう。

治療方法自体を変える

2da795d5c53cd59d86df7c9b6aaef94d_s

AGAの薬が効かない時には、治療方法自体を変えるという方法もあります。AGAの薬というのは、毛根がもう髪の毛を生やす力を持っていない時にはもう意味がなくなります。だから、そうして薬が効かないという可能性もあるのです。それではいくら薬を飲んでも意味がありません。

ただただ副作用のリスクだけを受け入れることになるでしょう。費用を払いつつ副作用のリスクだけを受け入れるというのは、まったくもって意味が分かりません。だから、そうして薬が効かないのだとわかったら、治療方法を変える方が良いです。

植毛ならばAGAでも問題ない

では薬を使ってAGAを改善するという方法から、どんな治療方法に変えれば良いでしょうか?薬が効かない人の治療方法と言えば、やはり植毛が効果的でしょう。

AGAの影響を受けることが少ない自分の後頭部の毛などを移植する自毛植毛であれば、自分の髪の毛をそのまま移植するだけですので違和感はありませんし、何より精神的な気持ち悪さも感じないでしょう。

移植できるところはAGAの影響をあまり受けないので、AGAであっても問題なく髪の毛を増やしていくことができるようになります。薬が効かない人の対処法としては、すごく効果的な方法と言えるでしょう。

ただし費用が高額

薬が効かない人でもしっかりと髪の毛を生やすことができますし、生やした後の育毛もすごく簡単でしょう。だから、自毛植毛というのはすごく効果的な方法であることは間違いありません。でも、それには欠点もあります。それが、費用がすごく高いという事です。

自毛植毛は、だいたい30万から150万円位の費用がかかります。薬でここまでかかることはないので、これはすごく高額といって間違いないでしょう。それだけかけるだけの価値はあるでしょうが、そもそもそれだけ払える人がどれくらいいるかという事が問題になります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧