AGAは完治するの?AGA治療のゴールとは

MENU

CLOSE

AGAは完治するの?AGA治療のゴールとは

AGAは完治するものではない

3d864c1624070c6ee7f0eff728495627_s

AGAというのは、ほとんどの場合で完治するものではありません。というのも、AGAは確かに病気ではあるのですが、どちらかというと体質と言えるものです。遺伝だったり他の要因があったりして、何らかの拍子で男性ホルモンの働きが活発になり起こるのがAGAです。

そしてそれは、一度起こると、たとえクリニックで治療をしたとしても、完治することはないのです。いうなれば、治りづらいのにすごくひきやすい風邪のようなものだと言えるでしょう。

そういう風邪の場合、完治したように見えても、薬を使うことを辞めたらまた風邪をひいてしまったりします。だから、ある意味では治っているのですが、ある意味では治っていないと言えます。AGAもそれと同じで、完治するということはほとんどないと言えるのです。

AGA治療の目的は悪化させないこと

では、わざわざクリニックに行ったりしてしているAGA治療の目的はどこにあるのでしょうか?AGA治療の目的は、わかりやすく言うと、悪化させないことです。男性ホルモンの働きを抑制して、これ以上抜け毛が起こったりすることを防いでくれるのです。

それプラス育毛をすれば髪の毛は生える

そうしてそれ以上抜け毛がおきづらくしていけば、その状態から育毛をはじめていけば、以前のように髪の毛も生える可能性はあります。AGA治療をして髪の毛が生えて、完治したと勘違いしてしまう人がいるのには、こういうことが関係しているでしょう。

育毛は、あえて育毛剤を使わなくても、たとえば規則正しい生活や、しっかりとしたストレスの発散、さらには栄養バランスのとれた食事等を意識していれば、意外と進んでいくものです。

だから、それによって薄毛が改善されたりもするのです。薬をつかっているタイミングで、抜け毛がなくなり、かつこうして特に特別な事をするでもなく薄毛の改善にまで効果がみられたら、それは完治したと勘違いしてしまうのも仕方ないでしょう。

ホルモンを抑制しているだけだからやめたら戻る

でも、AGA治療の場合は、ただ薬でホルモンを抑制しているだけです。だから、もしAGA対策の薬を使う事をやめたら、その時点で元に戻ってしまうと言えるでしょう。そうして元に戻ってしまうのであればそれは当然完治しているとは言えません。

もちろん食事療法などと織り交ぜていけば、薬の使用をやめたとしても、男性ホルモンがすぐにまた活発に働きだすということはないかもしれません。でも、また何かの拍子に活発に働きだすことはおおむね間違いないと言えるでしょう。だから先述で、それはひきやすい風邪のようなものだと言ったのです。

いつまでも続けないといけない

3dcf5bd271f61d585550340e268c7ccf_s

AGAの治療の目的は、完治させることではなく、悪化させないことです。ということはつまり、それはいつまでも続けないとならないということになります。やめたらその時点でまた元に戻ってしまう可能性があるのですから、続けないとなりません。

ということは当然、それに伴いかかる費用などもなかなかの額になっていくと言えるでしょう。AGAの治療を進めていく際には、そうした費用的な事への覚悟も必要になります。また、いつまでも続けていけば、その間で副作用がでたりすることもあるでしょう。だから、それに対する覚悟もしておいた方が良いかもしれません。

それでもしないとすごく進行する

完治もしないし、し続けないとならないのであれば、AGAの治療なんてしない方が良いのかというと、そんなことはありません。もししなかったらどんどんAGAは進行していきます。AGAの進行のペースは早いものです。だからすぐに薄毛がひどくなってしまうでしょう。

もしひどくなったら、後で薬で抑えながら育毛しようとしてもどうにもならないことがあります。だから治療は絶対にした方が良いです。それも、なるべくはやめにした方が良いのです。完治はしなくても、ずっと戦い続け、ずっと抗いつづけることはできるのですから。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧