AGAクリニックでは何をするの?!AGAの治療方法を解説

MENU

CLOSE

AGAクリニックでは何をするの?!AGAの治療方法を解説

AGA治療薬の使用

プロペシア

AGA(男性型脱毛症)が原因の薄毛対策に使用される代表的な治療薬の一つがプロペシアです。

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)が毛根にある男性ホルモン受容体に結びつくことでヘアサイクルが乱れて、成長期が短くなった髪の毛が痩せ細って薄毛が進行する症状ですが、プロペシアはDHTを生成する役割を持った物質である5αリダクターゼの働きを弱めることでDHTを減少させて、AGAの進行を抑制する効果を発揮します。

しかし、少しずつ体質を変えてヘアサイクルを正常に戻す治療方法なので、効果が現れるまでに長期間かかります。そして男性機能の低下や肝機能障害、乳房肥大など、使用が原因で様々な副作用を発症する可能性があります。

ミノキシジル

ミノキシジルはAGAが原因で薄毛が進行した頭皮に、再び発毛を促す効果を発揮するAGA治療薬です。日本皮膚学会の薄毛治療ガイドラインでは、プロペシアと並んで最高評価のAランクに選ばれている薄毛対策の代表的な治療薬です。ミノキシジルを使用することでアデノシンという核酸の一種が体内で増加します。

そしてアデノシンの効果によって毛母細胞を増やす作用を持ったKGF(角質細胞増殖因子)や、髪の毛の成長に必要な栄養分や酸素を供給する役割を持った血管の新生や修復を促す働きをするVEGF(血管内皮増殖成分)などの成長因子が分泌されることで、薄毛が進行した頭皮の発毛を促進できます。

しかしプロペシアと同様に効果が現れるまでには長期間が必要で、低血圧症や頭痛などの様々な副作用を発症する可能性があります。

AGA治療薬の使用方法

AGA治療薬の使用方法には以下の種類があります。

  • 内服薬
  • 外用薬
  • 育毛メソセラピー

もっとも一般的なAGAの治療方法が、AGAの治療成分が含まれた内服薬の使用です。外用薬よりも薄毛の治療効果が高いですが、成分が内蔵を通過することで治療効果が全身に分散して薄れたり、様々な副作用を発症する可能性があるなどのデメリットが存在します。そのためクリニックなどでは、体質に合わせて副作用を発症しにくい濃度に調整した内服薬が処方されます。

そして外用薬の使用は、AGAの治療成分を頭皮に直接塗布するAGAの治療方法です。頭皮バリアに邪魔されて治療成分が毛根まで十分に浸透しないため内服薬よりもAGAの治療効果が低いですが、副作用を発症するリスクが低いというメリットがあります。そして育毛メソセラピーは、極細針などを使用してAGAの治療成分を頭皮の奥に直接注入する治療方法です。

AGA治療に高い効果を発揮して、副作用を発症するリスクが低いという優れた治療方法です。しかし、美容目的の治療行為として扱われるため健康保険が適用されず、総額で数十万円以上という高い治療費が必要というデメリットがあります。

自毛植毛

AGA治療薬が体質に合わなかったり、毛根が死滅しているなどの理由で効果を発揮しない場合でも薄毛を治療できる方法が自毛植毛です。通常の植毛には移植した髪の毛が頭皮に定着しにくかったり、植毛後は定期的にクリニックなどに通ってメンテナンスを行う必要があるなどのデメリットがあります。

しかし、自毛植毛はAGAを発症しにくい側頭部や後頭部などに生えている自分の髪の毛を薄毛が進行している部位に移植する治療方法なので、拒絶反応が起きにくく移植した髪の毛がしっかり頭皮に定着しやすいというメリットがあります。

また、自分の髪の毛を植えるため周囲にある他の髪の毛とよく馴染んで仕上がりに違和感がなく、施術後はメンテナンスが不要なので余計な手間や費用がかかりません。ただし採取した自分の髪の毛を使用する薄毛治療なので、移植に使用できる髪の毛の本数が限定されています。

また植毛は美容目的の施術として扱われるため保険が適用されません。そのため、施術範囲によって必要な治療費に大きな違いがありますが、自毛植毛を行うには少なくても数十万円以上という高い費用が必要になります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧