その薄毛はAGA!クリニックで治療と発毛対策を進めよう

MENU

CLOSE

その薄毛はAGA!クリニックで治療と発毛対策を進めよう

なぜAGAにだけ特別な治療が必要なのか

AGAに通常の対策は通用しない

抜け毛や薄毛に悩んでいる多くの患者は、抜け毛や薄毛の状況を改善することに終始します。しかし、医学の観点から抜け毛や薄毛の症状を改善するためには、まずその症状がなぜ引き起こされているのかを解明しなくてはいけません。

特に原因もなく抜け毛や薄毛が進行することはありませんし、それぞれの抜け毛や薄毛の症状に対して実施できる対策や治療方法も全く違います。

例えば、仕事の疲れやストレスなど、普通の生活の中で起こった周囲の環境の変化によって抜け毛や薄毛の症状が引き起こされているケースでは、そうした環境によって偏ってしまった生活のバランスを改善することによって、抜け毛や薄毛の症状を治療することも可能です。

ところが、その人の体質や薄毛の原因を医学的な観点からも解明することができない症状については、普通の生活の変化によって起こった症状に通用する対策を行っても、患者が期待するような大きな効果を期待することができないのです。

これは、抜け毛や薄毛の原因ごとに実施しなくてはならない対策や治療が違っていることを意味します。そして、こうした対策や治療の中でも、特にクリニックに通って治療を続けていかなくてはならないのが、AGAという症状なのです。

因子は誰でも持っている

基本的に、AGAを発症する因子は人間であるのならばほとんど誰もが持っています。AGAは、人間が内包している男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素の影響を受けて、それが悪玉の発毛を阻害する物質になることで発症します。つまり、男性ホルモンと言う因子を持っている人は、誰であってもこの症状を発症させてしまう可能性があることを意味します。

AGAが普通の対策で効果がないのは、この点にあります。本来、抜け毛や薄毛対策として実施されるほとんどの症状は、日常生活のどこかに原因があると考えられていますので、それを補うための対策をすればそれで済むはずです。

例えば、日常生活の中で上手く食事のバランスがとれなくなってしまっているときには、頭皮に対して足りなくなった栄養を届けるようにすればそれが対策となります。一方で、AGAというのは日常生活をきちんと過ごしていたとしても、悪玉の発毛を阻害する物質が生じてしまうとそれによって抜け毛が進行してしまうのです。

そのため、専門的な治療で脱毛症を食い止めない限りは頭皮に対して成長を促す栄養を送っても効果を期待できません。

セルフチェックで進行状況を確認する

実際にクリニックに行って治療や対策を行うためには、患者自身がAGAであるという自覚症状が必要になります。そこで、簡単なAGAのセルフチェックをできるようにしておくことが大切になります。実は、AGAには患者自身が容易に頭皮の状態をチェックすることが可能なハミルトン・ノーウッドの分類という分類方法が用意されています。

ハミルトン・ノーウッドの分類では、1から7の進行状況によって頭皮の状況を確認することが可能で、この型に当てはまっている人はAGAを発症させている可能性が高い患者と言うことになります。このセルフチェックにおける頭皮の進行状況では、特徴的な脱毛を確認することができるので、下記のように知っておけばよりわかりやすいです。

  • 初期段階では抜け毛が多いが毛髪の再生もある
  • 徐々に前頭部がM字型になっていく
  • 肌が露出する部分が見えてくる
  • 頭頂部が円形に脱毛していく

AGAを発症させている患者は、1から7の進行状況の段階で必ず上記の過程を辿っていきます。最終的には髪の毛のボリュームが無くなっていきますので、身体の変化に気づいた段階で治療と対策をクリニックに相談するべきでしょう。

まずは脱毛症を食い止める

クリニックに治療の相談に行くと、段階ごとにAGA治療を進めていくためのプランが提案されます。その中で最初に提案されるのが、薬によって脱毛症を食い止める手段です。この手段では、プロペシアと言う薬を使って患者の身体に馴染ませながら治療を進めていくことになります。基本的に、AGA治療におけるプロペシアの大きな役割は下記の二つがあります。

  • 抜け毛を防止する
  • 質の悪い髪の毛を除去する

これら二つの中で、AGAの患者が驚くのが二つ目の質の悪い髪の毛を除去することです。初めて治療をする人は、このプロペシアの役割をきちんと知っておかないと途中で治療を止めてしまう人も出てきます。クリニックで治療をする際には医師の方から治療の前に詳しい説明が行われますので、その際の説明を聞き流したりしないように注意をしなくてはいけません。

質の悪い髪の毛を除去するというのはそのままの意味で、薬を服用することによって頭皮に存在している髪の毛が抜け落ちていくことを意味しています。それだと、治療とはまるで逆になると不安になる患者も大勢いるのですが、こうした効果は初期脱毛と呼ばれていて、AGA治療には必要なプロセスの一つであると考えられているので全く気にする必要はありません。

むしろ、初期脱毛の段階で治療を勝手にやめてしまうと、質の悪い髪の毛だけが抜けた状態になってしまいますので、治療前と比較してより髪の毛のボリュームが無くなってしまいます。初期脱毛というプロセスを経過すると、今度はAGAの影響を受けにくい質の良い髪の毛を発毛するための下地が整うことになりますので、安心して治療を進めていくことができます。

ですから、脱毛症を食い止める際の薬の効果については必ず事前に説明を聞いておかなくてはいけません。

AGAの治療と発毛させるための準備

AGA治療を受ける前に多くの人が誤解をしているのは、AGAの症状を治療することと最初から発毛をすることは全くプロセスが異なることです。そもそも、プロペシアというのは発毛を促すための薬ではなく、AGAという症状を治療するために提供された特別な薬に他なりません。

プロペシアは、あくまでもAGA治療の専門薬として提供されているものであるため、これを服用することによって劇的に発毛を促す作用を期待できるわけではなく、プロペシアを利用したAGA治療は発毛のための前段階にすぎないのです。事実、プロペシアがAGA治療薬であるということは厚生労働省も認めていますので、AGAによって失った髪の毛を発毛によって取り戻すためには、その後にきちんとした発毛対策が必要になります。

そして、こうしたAGA患者を対象とした専門の発毛対策も、クリニックではプロペシアとは別の薬であるミノキシジルと言う成分が含まれた薬によって実施されていきます。もちろん、クリニックに行かなくても市場には高価な発毛剤が販売されていますので、AGAを既に抑えている段階ならばこれらの製品を利用しても一定の効果は期待できるでしょう。

ただ、AGA治療を受けた患者ならば、AGA治療のプロセスを含めた一貫した治療方法をクリニックで相談するほうが安全です。一般的に、AGA治療を実施してくれるクリニックでは、その後の発毛を考慮したシミュレーションを必ず立ててくれます。

発毛剤の中には、患者の頭皮にあわせて含まれている成分の量を変化させないと頭皮に良い影響を与えることができないものもあります。ミノキシジルはその代表的な発毛剤なので、AGA治療とセットで発毛対策も相談したほうが理に適っていると言えるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧