AGA(男性型脱毛症)って?主な症状と代表的な治療方法まとめ

MENU

CLOSE

AGA(男性型脱毛症)って?主な症状と代表的な治療方法まとめ

AGAとは

AGAの主な症状

AGA(Androgenetic Alopecia)は、20~69歳の男性の3人に1人が抱えており、薄毛原因のおよそ9割を占めている症状です。AGAが原因の薄毛で悩む人々は、日本に1200万人以上も存在するといわれています。AGAを発症すると額の生え際が後退してM字型にハゲが進行したり、頭頂部付近の髪の毛が薄くなるといった症状が現れます。

そしてAGAは発症後に髪の毛が抜けるペースが徐々に増していくなど、時間が経つごと症状が悪化していきます。そのため発症後は早い段階でAGAクリニックなどに通った方が薄毛を治療しやすく治療費も安くなります。

AGAを発症する原因

AGAは主に遺伝が原因で発症するといわれています。AGAを発症すると、5αリダクターゼという物質の働きによって体内のテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変えられます。そしてDHTが髪の毛の毛乳頭細胞にあるアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)に結びつくことが原因で、髪の毛の成長が妨げられます。

髪の毛にはヘアサイクルという周期が存在していて、「成長期」「退行期」「休止期」という3つの時期を繰り返しています。その中の成長期に髪の毛が成長を遂げますが、DHTがアンドロゲンレセプターに結びつくことで成長期が極端に短くなり、十分に成長する前に退行期に移行するため、細くて痩せ細った髪の毛が増えて薄毛が進行します。

そしてAGAの症状を進行させる原因である5αリダクターゼの分泌量や、5αリダクターゼの影響を受けやすい体質などは主に親戚から受け継ぎます。そのため生活習慣の改善や頭皮ケアなどの対策だけでAGAを治療することは難しく、発症後はできるだけ早くAGAクリニックなどで治療を開始することが大切です。

AGAの代表的な治療方法

AGA治療薬の使用

AGA治療に使用されている代表的な治療薬が「ミノキシジル」と「プロペシア」です。両方とも日本皮膚科学会の薄毛治療ガイドドラインにおいてAランクという最高評価を受けている治療薬であり、多くのAGAクリニックで使用されています。

ミノキシジルは、髪の毛の元である毛母細胞を増やす効果を持ったケラチン細胞増殖因子や、成長に必要な栄養分などを髪の毛に供給するために利用される血管の新生や修復を行う役割を持ったVEGF(血管内皮増殖成分)などの成長因子の分泌を促進することで、AGAを発症した頭皮の発毛を促進して薄毛を治療する効果を発揮します。

そしてプロペシアはAGAの原因物質である5αリダクターゼの働きを阻害する効果を発揮します。そのため、プロペシアを使用することでAGAの症状を抑制できます。通常はプロペシアを使用してAGAの進行を抑制して、ミノキシジルによって頭皮の発毛を促進するという形でAGA治療が行われます。

どちらの治療薬も効果が現れるまでに長期間かかるため、AGAの進行状態によっては高い治療費が必要となります。また、治療薬の使用が原因で様々な副作用を発症する可能性があるため、AGAクリニックなどでは副作用を発症しにくいように濃度などを調整した治療薬が処方されます。

自毛植毛

自毛植毛とは、AGAなどが原因で薄毛が進行している頭皮に自分の髪の毛を植える薄毛対策の方法です。主に後頭部や側頭部などの薄毛の症状が現れにくい場所に生えている髪の毛が使用されます。自分の髪の毛を使用するため通常の植毛よりも植えた髪の毛が定着しやすく、周囲にある他の髪の毛に馴染んで自然な仕上がりになるというメリットがあります。

また毛根が死滅するとAGA治療薬を使用しても髪の毛を増やせませんが、自毛植毛はそうした場合でも薄毛を治療できます。さらに通常の植毛と違って施術後はAGAクリニックなどに通ってメンテナンスを行う必要がないため、余分な手間や費用がかかりません。ただし自毛植毛には健康保険が適用されないため、高額な治療費がかかります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧