AGAとは?薄毛の進行を止めるためにできることまとめ

MENU

CLOSE

AGAとは?薄毛の進行を止めるためにできることまとめ

AGAとは何か

成人男性と薄毛

AGAとは「男性型脱毛症」と呼ばれるもので、いわゆる薄毛を意味します。主に成人男性の悩みの種となりますが、中には思春期の段階で頭髪を気にされる方もいます。また、成人男性の実に3人に1人がAGAに悩まされており、全国で1000万人以上の方々が現在進行形で悩みを抱えているとなると、普遍的な悩みであることがお分かりになるでしょう。

男性型脱毛症の原因

ではなぜ、男性型脱毛症になるのでしょうか。その主な原因は、遺伝と男性ホルモンの影響が占めています。ただし、親族に薄毛の方がいれば、必ずしも自分もそうなるわけではありません。あくまでも影響なので、治療を施すことで進行を食い止められる可能性はあります。

進行型である特徴

AGAの特徴の一つに、進行型であることが挙げられます。つまり、どこかで食い止めなければ、徐々に薄毛は進行し続けてしまうのです。原因が遺伝にしても、男性ホルモンの乱れにしても、対策を施さなければ進行は止まらないでしょう。

また、徐々に薄くなる頭髪を見ていると、ストレスの原因にもなりかねません。そのストレスがさらに薄毛を進行しかねないので、まずは行動を起こすことが大切です。

ヘアサイクル

AGAで見逃せないポイントの一つに、ヘアサイクルがあります。簡単に説明すれば、髪の毛は成長期、退行期、休止期を繰り返すというもので、当然成長期をどれだけ長期化させるかが育毛のコツとなります。特にAGAの方は成長期が短くなるため、これも薄毛の原因となるのです。

AGAと自宅でできる治療方法

生活習慣の改善

最も健康的な方法が、生活習慣の改善です。忘れてはいけませんが、頭髪も体の一部なのです。不健康な生活を送っていれば相応に弱っていきますし、頭皮の改善には欠かせません。 特に、喫煙者の方や、運動不足の方は注意が必要です。これらは血液の循環を悪化させる原因になりますし、多くの方が陥りやすいものでもあります。

他にも、睡眠不足や偏った食事内容など、身に覚えのある方は一つ一つ改善していきましょう。全てを改善できれば理想的ですが、無理に改善しようとしてストレスがかかるのもいけません。

頭皮のマッサージを施す

簡単にできる薄毛対策の一つに、頭皮マッサージがあります。力を入れすぎず、揉みほぐすように頭皮を柔らかくすることで、血流を促進し頭皮全体に栄養が行き渡るのです。また、育毛剤を塗布するタイミングで行うと、育毛剤の効果も増大します。

どんな育毛剤でも、頭皮に浸透しなければ意味がありません。これを促進するためにも、頭皮マッサージを施すことで、育毛剤の真価が発揮されるのです。

毎日続けられるケアを見つける

上記のようなAGA対策は、毎日継続して行えるものばかりです。育毛をして一日でフサフサにはならないように、地道な努力を続けることで育毛の効果は発揮されます。同様に、育毛シャンプーを取り入れるのも効果的でしょう。

シャンプーを育毛シャンプーに変えるだけで、毎日お風呂に入ることが育毛になります。余計な負担もかからないため、忙しくても毎日薄毛対策が行えるのです。

AGAクリニックとは

最も手っ取り早い方法

育毛は得てして時間がかかりますが、最も手っ取り早い方法はクリニックへ通院する方法でしょう。専門医の指示の下、適切な治療を施せるため、常に最適な育毛を選べるのです。何より、定期的に医師に状態をチェックしてもらえるため、常に医学的根拠に基づいた判断の下自毛を増やせるのです。

無理のない治療方法

治療ということで、施術をイメージされるかもしれませんが、大抵は飲み薬や塗布剤で対応できるため、患者の負担にはなりません。クリニックへの通院代は必要ですが、確かな効果と無理のない治療方法を両立させたいのならやはり一番の方法です。

カウンセリングによる調査

とはいえ、AGAは人によって多少差異があるため、患者全員が同じ治療方法にはなりません。悩まされている生え際の部位も異なれば、生活習慣も異なります。そのため、大抵は一人ひとりにカウンセリングが行われます。

カウンセリングとは、メンタルのケアはもちろんのこと、今後の治療と見通しを説明されるため、この段階で不安を払拭することが可能です。外服薬と内服薬も選べるため、どちらかが苦手な方でも安心です。

植毛には気をつける

自毛が元気になれば一番ですが、短期間で薄毛を解消したい方は植毛も視野に入れているかと思います。よくCMでも見かける植毛ですが、仕上がりの質はクリニックによって異なるため、注意しなければなりません。

特にありがちなミスが、不自然な植毛になるケースです。一部に髪の毛が密集していたり、反対に薄い部分があれば、それだけ違和感を与えます。自分では知らない間に違和感を与えている可能性も否定できないため、やはり理想は自毛を増毛する方法なのです。

AGA治療と治療費

気になる治療費ですが、AGA治療は健康保険の適用外となっているため、クリニックごとの治療費をよく確認しておきましょう。基本的に飲み薬や塗り薬が処方されますが、大体一ヶ月分で5000円~8000円前後が相場となっています。その相場から明らかに離れているクリニックは避けたほうが賢明でしょう。安かれ高かれ、その理由は確かに存在するのです。

AGAと治療薬

プロペシアとミノキシジル

プロペシアとミノキシジルは、クリニックで処方される代表的なAGA治療薬です。それだけに高い効果を発揮しますが、先述の通り保険の適用外となっているため、診察費などの予算関係は管理しておきましょう。

また、この2つは根本的に薄毛を解消するものではなく、あくまでも処方中は確かな発毛効果が期待できる治療薬です。そのため、これを服用しているから大丈夫と高をくくらずに、普段から自分でもできる育毛を並行して行う必要があるのです。

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品は近年目にする機会も増えましたが、安価であるため積極的に服用されている方も多いでしょう。AGA治療薬もジェネリック医薬品が出回っているため、もしかするとすでに手にしたかもしれません。

しかし、一番の特徴は価格よりも、医師の診断を必要としない点にあるはずです。特に育毛は、失敗するとよりコンプレックスとして重荷になりかねません。確実性が重要な治療だからこそ、一度は医師に相談をして適切な治療を期待したいところです。

ジェネリック医薬品のメリット

ジェネリック医薬品のデメリットを主に書き連ねましたが、当然メリットもあります。一番のメリットは、やはり費用でしょう。ミノキシジルなどが配合されているジェネリック医薬品も増えており、成分表だけを見れば非常にコストパフォーマンスの高い医薬品もあります。先述したように、AGA治療では健康保険は適用されません。

そのため、費用がネックとなりやすく、リスクを背負ってでもジェネリック医薬品で育毛をしたいという方も確実にいるのです。また、ジェネリック医薬品は個人輸入で手にできる製品も多いため、日本では流通していない医薬品を手にできる機会にも恵まれています。

海外で確かな評価を受けながらも、日本ではまだ流通していない、そんな医薬品なら非常に魅力的かもしれません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧