意外と遅い?AGAの進行速度と進行させない為のポイント

MENU

CLOSE

意外と遅い?AGAの進行速度と進行させない為のポイント

AGAの進行速度はゆっくり

AGAというと、なんとなくどんどん進んでいくというイメージがある方もいるかもしれません。でも、実はそれは間違いです。AGAの進行速度は、ゆっくりだと言ってしまって良いでしょう。ゆっくり、でも確実に進行していくのが、AGAの特徴なのです。ただこうしてゆっくり進むからこそ、その進行に気が付きにくいところがあります。

たとえばよく、脳のテスト等のテレビ番組で、画面の中の一部がゆっくり変化するから、どこが変化したのか当ててみてくださいというような企画が行われていたりします。それは、人間はゆっくり変化するものには気が付きにくいということを証明していると言えるでしょう。

実際にそういう番組でどこが変化したのかわからなかったという方も多いのではないでしょうか?ましてやAGAの進行は、そうした画像などの変化よりもはるかに遅いペースで進行していきます。なので、それに気が付かなくても全く不思議ではないのです。

突然気が付くから進行が早く感じる

ただ、ずっと変化し続けていくわけですから、いつかその変化に気が付く時が来ます。そうしていつかその変化に気が付いた時には、おそらくAGAはかなり進行していることでしょう。

そうして、しっかりとAGAが進行してしまってから気が付くから、AGAの進行は早いと感じる人が出てくるのです。全然気が付かなかったのに、ふと見たら薄毛になっていたら、進行が早いと感じてしまうのは仕方ないことです。でもそれは間違いで、本当はただ気が付いていなかっただけで、何年も前からひそかに進行していたというのが、それのオチなのです。

だいたい5年くらいで目立つレベルになる

では、AGAが発症してからどのくらいで薄毛が目立つレベル、いうなれば自分でその薄毛に気が付くレベルになるのでしょうか?そのレベルに達するまでには、だいたい4年から5年くらいかかることが多いでしょう。もちろんそれは人それぞれなところがあるので、早ければ3年くらいでそのレベルにまで進んでしまう可能性もあると言えます。

しかし、どれだけ早くても、AGAで1年くらいの短い期間で薄毛がすごく目立つようになるということはほぼないでしょう。ちょっとおでこが広くなってきた?とか、なんとなく頭頂部の面積が気持ち増えたような気がする、というくらいのレベルであれば1年くらいでも辿り着くことはありますが、はっきりと薄毛になったと言えるくらいのレベルになることはほとんどないのです。

それだけゆっくり進行していくのですから、気が付かないのも無理がないと言えます。

進行させない為には早く気が付くべし

AGAは、しっかり進行してしまってからではなかなか対処しづらいところがあります。というのも、進行させないように心がけることは出来ますが、進行をとめたからといってしっかりと髪が生えてくるとは限らないからです。その毛根がもう死んでしまっていたら、そこからはもう髪の毛は生えてこないのです。

だから、出来れば少しでも早くAGAに気が付いて、気が付いた段階でクリニックなどに行って治療を進めていき、早い段階でそれ以上進行させないようにしないとならないのです。早い段階で気が付いて、早い段階でクリニックに通い治療をすることが出来れば、それだけ薄毛が進んでいない段階で、AGAの進行を食い止めることが出来るということになります。

何度も言うようですが、AGAの進行はゆっくりしたペースで進んでいきます。ということは、それだけ早く気が付いていれば、その分AGAも進んでいないということになるのです。それならば毛根が死んでいない可能性も高いですから、AGAの進行を食い止めたのちに、しっかりと髪の毛が生えてくる可能性も高いです。

あるいはもし毛根が死んでしまっていて髪の毛が生えなかったとしても、そもそもAGAがあまり進行していないのでそこまで薄毛が目立ちません。だから、早く気が付いて早くクリニックで治療するに越したことはないのです。

早く気が付く為に出来ること

早く気が付き、早く治療することがAGAの対策だとは言っても、ではどうしたらAGAの進行に早く気が付くことが出来るのでしょうか?一般的な生活をしているだけでは、日々進んでいく髪の毛の変化なんてそうそう気が付くものではないでしょう。それに気が付く為に大切なことは、3つあります。

髪型を変えないようにする

まず大切なことは、髪型を変えないようにするということです。たとえば頻繁にパーマをかけたり、前髪を上げたり下したりと、逐一髪型を変えていたら、自分が薄毛になっているかどうかということはかなり気が付きにくくなります。

なぜなら、たとえちょっと薄いかも、あるいはおでこが広がってきたかもと感じても、それがたまたま今の髪型のせいである可能性があるからです。たとえばパーマをかけると、髪の毛の流れも今までとは変わってきます。ということは当然、変な方向に流れてしまい、薄毛にみえることがあるのです。

だからたとえ薄毛にみえたとしても、流れが変わったからか、と思って納得してしまう可能性が高いです。そうして、全然気が付かなくなるのです。もしAGAの進行に早く気が付きたいのであれば、出来れば髪型はあまり変えないのがおすすめです。

シャンプー時にしっかり鏡を見る

AGAの進行に早く気が付くためには、シャンプーをする時にしっかりと鏡を見るようにするというのも一つの方法です。シャンプーをする時というのは、髪の毛が濡れていますし、シャンプーの泡によって髪の毛がまとめられています。そうして髪の毛がまとめられている状態の時には、より自分のおでこや頭頂部をチェックしやすくなります。

また、シャンプー中に鏡を見ることで、同時に髪の毛のコシもチェックすることが出来るでしょう。髪の毛のコシがなくなるということは、それはつまり髪の毛が細くなってしまっているということになります。髪の毛が細くなるということは、それだけ抜けやすくなるということで、AGAがじんわり進行していることの証拠と言えるでしょう。

だから、シャンプー中にシャンプーの泡を利用して髪の毛を立ち上げてみて、それがどのくらいキープできるかなどで、髪の毛のコシをチェックしてみてください。日々鏡を見ながらそれをしていけば、立ち上がりが悪くなってきたらすぐにそれに気が付けるはずです。

抜け毛の数を気にする

AGAの進行に早く気が付くためには、頭を見るだけでなく、抜け毛を見るというのも効果的です。薄毛が進行していくということは、確実に抜け毛が増えていくということでもあります。だから、日々自分がどれくらい髪の毛が抜けるのかということを見ていくと良いでしょう。

自分がどのくらい髪の毛が抜けるのかという事を見ていけば、なんか最近多く抜けるようになってきたというタイミングでそれに気が付けるはずです。もちろん一本一本抜け毛を数える等、そこまで細かい対策は必要ありませんが、なんとなくどれくらい抜けているのかというのは、日々見るのがおすすめです。

特に、寝起きでの抜け毛の数や、シャンプーをする時に指につく抜け毛の数などはしっかりと見ておくと良いでしょう。ただ、そういうタイミングでまったく髪が抜けないということはないので、一本も抜けないようにするとか、そういう対策は必要ありません。

そうではなくあくまでも、いつもどのくらい抜けているかを見て、それよりも多くなってきているかどうかを考えるのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧