AGAはなぜ発症するの?生活習慣の改善で薄毛予防!

MENU

CLOSE

AGAはなぜ発症するの?生活習慣の改善で薄毛予防!

AGAの発症と薄毛のパターン!

近年ではAGAの研究が進んできており、なぜAGAが発症してしまうのか、そのメカニズムについて明らかにされてきています。AGAとは、男性型脱毛症のことで、発症すると徐々に頭髪が抜けていき、最終的にはいわゆるハゲてしまう症状のことです。AGAの発症には、男性ホルモンであるテストステロンが深く関係しています。

テストステロンが薄毛の直接の原因と言うわけではありませんが、毛母細胞中の還元酵素である5αリダクターゼと結びつくことにより、ジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンに変換されることで薄毛に繋がるのです。それは、このジヒドロテストステロンが毛母細胞に影響を与え、髪の成長をストップさせて脱毛に導く働きをするためです。

還元酵素である5αリダクターゼは、額の生え際や頭頂部付近などに多く存在しているため、これらの部分に抜け毛の症状が出ている場合には、AGAを発症している可能性があります。

AGAには薄毛が進行するパターンの種類がある!

AGAには、薄毛の進行パターンというものがあり、男性ホルモンの影響を受けやすいとされている部分は、前頭部から頭頂部にかけてです。そして、側頭部や後頭部は、男性ホルモンの影響を受けにくいため、薄毛になりにくいと言われています。

そのため、AGAを発症した場合は前頭部や頭頂部の髪が薄くなっていき、AGAの特徴的な薄毛のパターンに進行していきます。また、薄毛が進行していくパターンの種類には、以下の通り4パターンに分けることができます。

  • M型

M型は、前頭部の中央を残しながら、額の両サイドが薄毛になるパターンです。そして、このM型は、額の両サイドからM字のように髪の毛が後退していくため、M字ハゲと呼ばれています。このM字ハゲは、遺伝や男性ホルモンの影響が大きいと言われています。

  • O型

O型は、頭のてっぺんである頭頂部から、丸く広がりながら薄毛になるパターンです。しかし、このO型は、毎日鏡を見ていても自分では分かりづらいいため、気付かずに進行していくことが多いと言われています。

  • U型

U型は、前頭部が徐々に後退していき、U字のように薄毛になるパターンです。頭のてっぺんから薄くなるO型と同じように、薄毛に悩んでいる人の多くがこのU型タイプに該当すると言われています。

  • 混合型

混合型は、M型・O型・U型の中から一つ発症するのではなくて、O型とM型、O型とU型など、2つ以上のパターンを同時に発症していくパターンのことです。この混合型を発症した場合は、額部分と頭頂部から徐々に薄毛になっていくため、他のどの進行パターンよりも、早く薄毛になりやすい傾向があります。

生活習慣を見直して薄毛の予防対策!

健康的な髪の成長には、規則的な生活習慣を送ることが大切です。特に、抜け毛や薄毛が気になっている人は、今の生活習慣を見直す必要があります。不規則な生活習慣を続けていると、抜け毛や薄毛の原因となるヘアサイクルの乱れに繋がります。

ヘアサイクルを乱す原因となる生活習慣とは!

日頃の生活習慣において、抜け毛や薄毛の原因となるヘアサイクルを乱す原因にはいろいろなものありますが、主なものとしては以下の通り3つです。

・睡眠不足!

睡眠不足や夜更かしが続くような生活をしていると、髪の成長に必要な成長ホルモンの分泌を妨げてしまうため、ヘアサイクルの乱れに繋がります。そのため、日頃から、7~8時間程度の十分な睡眠をとるようにしなけなければなりません。

特に、睡眠のゴールデンタイムと言われている22~翌2時の間にはすでに眠っているようにすることが重要です。この時間帯が最も成長ホルモンの分泌が活発になるため、普段の不規則な生活習慣を改めるようにし、良質な睡眠をとるように心掛けましょう。

  • 偏食などの食生活の乱れ!

外食やコンビニ弁当などが多い食事や、好き嫌いの多い偏った食生活を続けていると、頭皮の毛母細胞に髪の成長に必要な栄養素が十分に行き渡らないため、ヘアサイクルの乱れに繋がります。特に、髪の主成分であるタンパク質が不足すると、毛が徐々に細く弱くなり、薄毛や抜け毛が進行しやすくなります。

健康的な髪を育てていくためには、このような偏った食生活を改め、普段から良質なタンパク質やビタミン・ミネラル、亜鉛、葉酸などを多く含む食べ物を積極的に取るようにしましょう。中でも、葉酸は、タンパク質を生成する働きや、細胞分裂を活発にする働きがあるため、髪の成長を促していくためにはとても大切な栄養素です。

これらの栄養素をバランスよく摂る対策を取ることが、重要なポイントです。

  • ストレス!

過度なストレスを溜めるような生活をしていると、髪の成長にも悪影響を及ぼします。ストレスを受けると自律神経が乱れるため、交感神経と副交感神経のバランスを崩してしまうのです。そうすると交感神経が優位になってしまい、毛細血管が収縮するため、毛母細胞に髪の成長に必要な十分な栄養素を送り届けることができなくなります。

そして、ヘアサイクルの乱れにも繋がります。日頃からストレスをなるべく溜めないように、適度なスポーツをしたり、好きな音楽を聴いたりし、リラックスを心掛けることが大切です。

髪を増やす方法って何があるの?

普段から、薄毛や抜け毛が気になっている人は、髪を増やす方法としてさまざまなものがあります。

髪を増やす方法について!

髪を増やす方法については、以下の通り2種類あります。

  • 増毛!

増毛とは、髪のボリュームがなくなり、髪が薄くなっている部分の髪の毛に対して、1本1本エクステのように毛を結んでいく方法です。それにより、自分の髪がボリュームアップしたように仕上がるため、薄毛が分からなくなります。

しかし、増毛の場合は元の地毛が抜ければ、エクステのように増やした髪も一緒に抜け落ちてしまいます。増毛は、費用が高額の割には一時的なボリュームアップのみになるため、行う際にはデメリットなどもよく考える必要があるでしょう。

  • 植毛!

植毛には、人工毛植毛と自毛植毛があります。植毛は、文字通り頭皮に毛を埋め込んで毛量を増やしていくという方法です。また、自毛植毛の場合はいいのですが、人工植毛の場合は人工毛を埋め込むため、人によっては体内で異物として認識されてしまうこともあり、アレルギー反応が起きれば植えた毛も抜け落ちてしまう可能性があります。

自毛植毛の場合はこのようなアレルギー反応などの心配はありませんが、費用が高い上、かなりの時間が必要となります。そのため、手軽に行うのは難しいと言えるでしょう。

AGAクリニックでのカウンセリングについて!

日頃から、薄毛や抜け毛が気になっている人は、AGAクリニックで一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。AGAクリニックでは、カウンセリングは無料で行っているところも多く、毛髪診断や頭皮の状態などを見てもらうことができます。また、AGAクリニックでは、専門医によるその人に合わせた最先端の治療を受けることができます。

また、治療や治療薬の効果、費用などについても、カウンセリング時に詳しい説明を受けることができるため、気になることについては何でも聞いておくことにしましょう。そして、十分な説明を受けた上で、今後の治療を行うかどうか決めることができます。

AGAクリニックで専門医による治療を受けることで、薄毛や抜け毛を防ぎ、育毛や発毛に繋げることができます。AGAは早期の治療や対策が効果的と言われており、勇気を持って一歩を踏み出すことが大切です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧