誰でも発症の可能性があるAGA!気になるリスクと対策について

MENU

CLOSE

誰でも発症の可能性があるAGA!気になるリスクと対策について

AGAと他の薄毛の違いについて

AGAを発症する原因は何か

男性が薄毛になる大きな原因の一つ、AGAの発症には男性ホルモンが深く関わってきます。ただし、男性ホルモンであるテストステロンの量が多ければ薄毛になるということではなく、このテストステロンが毛根に作用して抜け毛を引き起こしてしまったり、髪の毛の成長を阻害してしまうジヒドロテストステロンというものに変化してしまうことが問題です。

ジヒドロテストステロンは酵素である5αリダクターゼとテストステロンが結びつくことによって生成され、その働きにより薄毛になります。

ただし、ジヒドロテストステロンが作用するのは、体内で分泌されたこれらを受け取って細胞内で利用させるための変換システムである、アンドロゲンレセプターという受容体がある部位でのみです。それが前頭部や頭頂部であるため、AGAによる薄毛は額の生え際やつむじを中心にして進行していきます。

他の薄毛や脱毛との違う点

薄毛や脱毛を引き起こす原因は他にも以下のものなどが挙げられます。

  • 円形脱毛症
  • 粃糠性脱毛症
  • 薬物性脱毛症
  • 感染症

こうしたものとAGAを見分ける基準としては、AGAの場合には発症が思春期以降であること、後頭部や側頭部は薄毛にならずに脱毛が生え際か頭頂部に集中すること、対策をしなければ自然治癒はせずに症状が進行することなどになります。

いずれにしても、気になる症状が出た場合にはクリニックに治療を相談するのが賢明です。

AGAの発症するリスクを高める要因と進行させやすい生活習慣について

遺伝的な原因と生活習慣

ジヒドロテストステロンを増やしたりその働きを活性化させる原因には、まず遺伝的なものが挙げられます。

しかしそれ以外にも普段の生活習慣などが大きく関係しており、ホルモンバランスを崩してしまったりヘアサイクルを乱したり、血行不良によって頭皮の血流が悪くなってしまったり、栄養不足によって育毛できなくなってしまうなど、AGAを進行させてしまう原因はいろいろとあるのです。

遺伝的なリスクを把握し、後天的な要因については日頃から対策を行うことで薄毛の進行を遅らせることが可能になります。

薄毛が多い家系の人は要注意

AGAの発症原因であるジヒドロテストステロンを作用させるアンドロゲンレセプターの遺伝子ですが、これはX染色体の上にあるものです。そのため、男性の場合には必ず母方からその遺伝を受け継ぐことになります。特に母方の家系に薄毛の人が多ければ、自身も薄毛になるリスクが高いことを知っておいてください。

ストレスの多い生活を送っていないか

過度のストレスを抱えていると、新陳代謝や血流の低下、ホルモンバランスの乱れを引き起こして抜け毛の原因となります。

  • 食欲が湧かない
  • よく眠れない
  • 何となくなく気分が落ち込む

忙しい現代人は誰しもストレスを感じているものですが、心身に深刻な影響を与えるこうした症状が現れている場合は特に注意をしてください。

睡眠時間が足りているか

人間は寝ている間に成長ホルモンを分泌させます。育毛するためにも必要なホルモンですので、可能であれば毎日7時間程度、特に成長ホルモンの分泌が活発になるとされている22時から深夜の2時までの間は深い眠りについていることが理想的です。

夜寝付くのが遅い、または睡眠時間が5時間に満たない場合などは成長ホルモンの働きが不足してしまい、丈夫な髪の毛が育ちにくくなる可能性が高まります。

食生活が乱れていないか

外食ばかりでファストフードが好き、野菜をあまり口にしていないという場合には、脂質や糖分を摂りすぎてしまっていることが多く、皮脂が分泌過多になり頭皮環境が悪化してしまいます。また、毛髪を形成する成分が不足してしまうことで健康的な髪の毛を作れなくなってしまうことも問題です。

1日のうち300g程度は野菜を摂るようにして、栄養バランスを考えた食事を心がけることが大切です。

お酒やタバコを嗜んでいる

適度なアルコールは血行を促進させますが、摂りすぎてしまうと髪の毛を作るための栄養が肝臓でアルコール分解のために利用されてしまいます。飲み過ぎないようにしましょう。また、タバコはホルモンバランスを崩し、血管収縮作用により血流を妨げます。薄毛にならないように気をつけたいのであれば、禁煙は必須です。

シャンプーの仕方が間違っていないか

洗浄効果が高すぎるシャンプーを使って皮脂を取りすぎて頭皮を乾燥させていたり、乱暴に擦り洗いをすることで抜け毛を増やします。なるべく刺激が少ないアミノ酸系シャンプーを使ったり、擦らずに揉み洗いをすることを意識することが大切です。

リスクがわかる遺伝子検査を受けよう

最先端技術によって行えるセルフチェックの方法

遺伝的な薄毛のリスクはクリニックで遺伝子検査を受けることで確認できます。AGAに深く関わっている男性ホルモンに関する遺伝子情報ですが、この中でもアンドロゲンレセプターに関するものが特定の塩基配列をしていることがわかりました。この配列がCAG、そしてGGCと言われているもので、これらの配列が短い場合にAGAを発症してしまいやすいとされています。

また、CAGの長さによってAGAの治療薬としてクリニックで広く処方されているフィナステリドという成分に対する感受性を調べることができます。フィナステリドの効果が出やすい体質であれば、より有効な治療を受けることができると判断することが可能です。

どのタイミングで検査を受けるべきか

AGAの遺伝的なリスクを調べるタイミングはいつでも問題ありません。遺伝子の情報は生まれ持ったもので変化をすることはありませんから、いつ受けても結果が変わらないのです。多くのかたが薄毛が気になり始めてからクリニックで勧められて検査を受けています。

クリニックに来院するだけではなく自宅に検査キットを取り寄せることで行うこともできますが、クリニックで直接検査を受けることで、結果の説明を受けながら治療に関する話し合いも同時に行えるのは大きなメリットです。どちらも平均して2万円程度の費用で調べることができます。

AGAだと診断されたら行いたいこと

早期発見早期治療が大切

AGAは何もせずに放置すれば徐々に薄毛が広がっていき、最終的に髪の毛を全て失ってしまうことになります。また、対策が遅れれば遅れるほど、症状の改善までにかかる期間も治療に必要となる費用も長く大きくなってきてしまいます。普段から注意深く頭髪の状態を確認しつつ、不安な点が見られたらすぐにでもクリニックで診察を受けるのが賢明です。

市販の育毛剤や育毛シャンプーの利用も有効ではありますが、頭髪の状態を改善させるためには長期的な対策が必要となってきます。同じ対策を行うのであれば、クリニックで効果が高い薬を使った治療を受けたほうが効率がいいのです。せっかく長い時間をかけるのであれば、少しでも発毛効果を期待できるほうをお勧めします。

薬の個人輸入は自己責任で

治療薬は市販の育毛剤よりも効果が出やすいのですが、その分高い費用がかかりますので治療費を心配するかたも少なくありません。そのため安く手に入れられる個人輸入で薬を購入しているかたも多いのですが、こうした治療薬には少なからず副作用などがあります。

独自で治療を進めていく方法はいざという時に対応することができないため、可能な限り専門家の指示の下で薬を使った治療をしていくことがお勧めです。

昨今では薄毛治療の専門クリニックが増えてきており、地方に住んでいるかたでも利用しやすくなりました。頭皮や頭髪の状況を正確に把握するのは専門家でなければ難しいため、適切な対処をしていくためにもまずはクリニックに足を運んでください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧