AGAの問題を解決させるために重要となるポイント

MENU

CLOSE

AGAの問題を解決させるために重要となるポイント

AGAの最大の原因とは

男性であれば、誰でも薄毛や抜け毛の心配をしてしまうでしょう。

自分には関係のないことだ、自分だけはAGAに悩むことはないという考えはとても危険なことです。AGAの原因を知ることで、誰でもAGAの症状に悩むことになるはずです。

AGAに悩んでいる人は、実は全国で1,000万人以上と言われています。それほど多くの人が悩んでしまうAGAの症状ですが、原因は決して一つのことではありません。

思春期を終えた男性であれば、誰でもAGAの症状は発生してくる可能性があります。

AGAの主な症状としては、抜け毛が以前よりも増しているという症状や、毛が極端に細くなってきているという症状、また毛が思うように伸びてこなくなったことや、そのために地肌が透けて見えてしまうという症状も感じるようになるでしょう。

こうした症状の主な原因は、ヘアサイクルが乱れることにより起こります。成長期が終了したと同時にこのヘアサイクルは乱れてくる状態になってしまいますが、ヘアサイクルが乱れてくる原因は食生活の乱れや睡眠不足、生活リズムの乱れや強いストレスなどとても多くの原因があるのです。

全ての原因を特定してAGAを自分で治すことには、間違いなく限界があるでしょう。

原因を突き止め、その対策を心がけることもAGAを食い止める重要なポイントにはなってきますが、根本的な解決にはならないことがほとんどです。

一度失った髪の毛を自分の力で元に戻すことは容易ではなくとても時間がかかり、さらに時間がかかると同時に年齢によるAGAも進んで行きやすくなってしまうのです。

こうした状況に陥らないためにも、正しいAGA治療を行う必要があるのです。

AGAは治療を行うことで治る

では、AGAを正しく治していくにはどのような努力が必要になってくるのでしょうか。

自分で完治させるには限界のあるAGAの症状ですが、クリニックを通じてAGA治療を行うことでほぼ完治に近い状態にまで回復をさせることは十分可能です。

しかし、重要なことはAGA治療は継続して行わなければ意味がないということです。クリニックで治療を進めても、実際に効果を感じることができるようになるまでには早くても3ヶ月はかかってしまいます。

AGA対策も同時に行っていく必要があり、同時に正しく治療を進めることができたとしても3ヶ月間は効果を全く感じることができないこともあるでしょう。

AGAはクリニックで完治させることができますが、こうした長期間の治療が必要になってくるため、途中で諦めてしまう人も少なくはありません。

また、クリニックでのAGA治療は途中で辞めてしまうことでまた元の状態に戻ってしまうというリスクもあります。効果が現れかけてきた頃に辞めてしまうことで、今までの治療が全て台無しになってしまうということになってしまいますので、クリニックでAGA治療を行う場合には必ず長期的な治療を覚悟する気持ちで望むようにしましょう。

そして、経過状況などを観察して他の治療方法にシフトしていくという判断もクリニックでは行ってくれます。全ての治療方法が全てのAGA患者にマッチするというわけではありませんので、手探りの治療になってしまうことも決して珍しいことではありません。

こうした状況でも焦ることなく、AGA治療に真剣に向き合い継続した忍耐力を持っている人こそ、クリニックでのAGA治療に向いている人だと言えるでしょう。

まずはクリニックを信じ、クリニックへの信頼感を持つことも重要なことだと考えるべきです。

AGAの治療方法について

AGA治療方法は、決して一つの方法だけではありません。

症状やその人の体質などにより、適切な治療方法を医師が探してくれますが、代表的な治療方法は大きく分けて2つあります。

1つ目はフェナステリドの服用です。

AGAの最大の原因といわれている男性ホルモンの生成を抑制させる効果があり、薄毛や抜け毛を防いでくれる飲み薬です。

実はこの薬はもともとは前立腺肥大症や、前立腺がんの治療を行うために開発された薬でした。しかし、こうした症状で服用している患者の中に毛髪が濃くなってきたという結果が報告されるようになり、フェナステリドはAGA治療に使用されるようになってきました。

このフェナステリドは、厚生労働省が唯一認可しているAGA治療薬として有名であり、安心して服用を続けることができる薬だと言えるでしょう。

しかし、このフェナステリドも服用を途中で怠ることで再度AGAの症状は進行してしまうという特徴も持っています。フェナステリドは、継続して使用しなければ全く意味のないAGA治療薬と言えます。

そして、2つ目はミノキシジルです。

ミノキシジルは、毛自体の成長や発毛を促す効果が期待できます。発毛を促すということはつまり、毛根自体を正常に保っていく効果が期待できるということなので、こうした毛根の状態が原因となりAGAが進行した患者に効果的な薬だと言えます。

毛根を正常に保つというのは、血液の流れを正常に保つという意味も持っています。このミノキシジルも、実はAGA治療薬として新たに開発された薬ではなく、もともとは血圧を下げる降圧剤として使用され続けてきたのです。

血圧を下げる治療の過程で、副作用として多毛症を引き起こすという症状が現れたため、AGA治療に応用できるのではないかという考えになり、現在ではAGA治療薬としてはとても有名な薬になりました。

しかしこのミノキシジルは、頭頂部の薄毛や抜け毛に高い効果が期待できるAGA治療薬です。頭頂部は血液の流れが良いため、頭頂部への効果が高いとされているのです。つまり、血液の流れが頭頂部よりも悪い生え際などのAGAには効果が薄いという特徴を持っています。

いずれにしても、AGA対策としてこうした薬が高い効果を発揮してくれることは間違いありません。

医師の指導に従って続けていくように心がけましょう。

AGAは薬だけではなく根本的な対策も同時に考える必要がある

AGA治療には、薬がとても高い効果を発揮することは理解できたでしょう。

しかし、AGA対策を行う上で重要なことは薬のみに頼り過ぎないことです。薬を投与することで、薄毛や抜け毛が解決すると考えることは、AGAの完治を遅らせてしまう原因になってしまいます。

薬だけに全てを頼るのではなく、同時に他のAGA対策も行っていきましょう。

例えば、AGAの治療には血流の改善は欠かせないことです。これは薬でも改善させることができますが、自分でマッサージなどを行いさらに促す対策を行うこともAGAを完治させる近道でもあるのです。

そして、頭皮を清潔に保つ対策も重要です。毛根に皮脂がたまってしまうことで毛の成長が妨げられてしまうことがあります。髪の毛を洗う際には、正しい洗い方を身に付けるようにし、継続して行っていくことも意識しましょう。

また、AGA治療が完全に終わったとしても、また同じようにAGAが進行してしまうことは珍しいことではありません。AGA治療が終わってからも、また症状を繰り替えなさにようにマッサージや正しく髪の毛を洗うことなどを継続していくようにしましょう。

今までAGAに悩み続けていた人も、こうした治療により完治させることは十分可能です。AGA治療により自分の考え方や性格までも変えてくれるようになるかもしれません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧