AGAクリニックの各種検査って何?分かることを徹底解説!

MENU

CLOSE

AGAクリニックの各種検査って何?分かることを徹底解説!

血液検査や遺伝子検査で分かること

AGAクリニックの血液検査とは

AGAクリニックではフィナステリドと言うAGA治療薬の処方を行っています。有効成分フィナステリドには優れた脱毛予防効果があります。どんなに優れた有効成分でも医薬品の場合は副作用があるものです。フィナステリドも例外では無く、勃起不全、性欲減退、頭痛、胃部不快感などの副作用が出ることがあります。

稀ではあるものの、肝機能障害と言った重大な副作用が出る可能性もあります。出やすい人が服用すると続けるのが難しくなってしまいます。人によって副作用の出やすさが異なるためにAGAクリニックでは血液検査を行い、きちんと調べています。

AGAクリニックによっては3か月ごとなど定期的に血液検査を行うことがあります。何らかの異常が出ていないか確認しながら服用できるために副作用が気になる人でも安心です。血液検査の結果、副作用の確認が取れた場合はフィナステリドの服用中止となることがあります。その他にも血液検査により現在の栄養状態が分かります。

栄養素が不足すると髪の毛に悪影響が出やすいため、医師が血液検査の結果をもとにした対策を行います。血液検査は2万円ほどの料金で受けられます。中には血液検査料0円で提供するAGAクリニックも一部で見られます。

AGAクリニックの遺伝子検査とは

アンドロゲンレセプターと言う受容体の感受性が強いほどAGA発症リスクが高まります。アンドロゲンレセプター遺伝子にはこの感受性の情報が含まれており、そこでAGAクリニックでは遺伝子検査によりAGA発症リスクを調べています。医師が遺伝子検査の結果をもとにし、適切な対策を考えていきます。

薄毛の原因はAGA以外にも様々です。遺伝子検査によって自分の薄毛がAGAなのか違うのかが分かります。CAGリピート数も調べているAGAクリニックではフィナステリドの感受性まで分かります。フィナステリドは多くの男性患者に治療効果が認められているものの、中には効果が出ない人も見られます。

しかし服用してみないと効果が出るか出ないかは分かりません。そんなときでも遺伝子検査なら服用する前に効果の出やすさが分かるのです。血液検査では注射器で血液を採取しています。遺伝子検査では口腔内にある粘膜を採取しており、注射のような痛みはありません。遺伝子は一生変わらないために一度受けるだけで、定期的に受ける必要はありません。

AGAにはM字型、O字型、U字型といろいろな症状があります。遺伝子検査では将来の症状予測にも役立ちます。

ミネラル検査で分かること

AGAクリニックのミネラル検査とは

髪の毛の成長には栄養素とミネラルが不可欠です。そこでAGAクリニックではミネラル検査を行い、その後の対策に役立てています。このミネラル検査では髪の毛に含まれるミネラル濃度を調べています。尿や血液ではバラつきがあるため、正確なミネラル濃度の判定が難しいです。

しかし髪の毛なら安定しているため、正確なミネラル濃度が分かり易いと言うメリットがあります。その他にも身体に必要な栄養素の状態も分かります。不足している栄養素、過剰な栄養素があれば十分な対策を行っていきます。私たち人は普通の食生活を送っていても有害ミネラルが溜まっていくことがあります。

有害ミネラルが溜まり過ぎると肌荒れやむくみ、アレルギー、関節の痛み、頭痛、冷え性、肩こり、めまい、しびれなどの症状が出ることがあります。ミネラル検査ではこの有害ミネラルの量も調べることが可能です。ミネラル検査では少量の髪の毛を採取するだけ、血液検査のような注射は行いません。自分で髪の毛を抜いて持参し、ミネラル検査を受けると言う方法もあります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧