AGAの治療にはどんな方法がある?AGAの疑問を解消!

MENU

CLOSE

AGAの治療にはどんな方法がある?AGAの疑問を解消!

AGAについて

AGAとは何か

AGAとは男性型脱毛症のことで、男性の薄毛の原因は9割がこれによるものだといわれています。4人に1人は悩んでいるとされ、放置すると抜け毛や薄毛がゆっくりと進行していくので、適切な対策をとる必要があります。

AGAになる原因とは

AGAはDHTという強力な活性型の男性ホルモンの影響により起こります。このDHTは男性ホルモンのテストステロンが酵素の5αリダクターゼによって変化して生成されます。

髪の一番の根元には毛乳頭という、髪の発育などをコントロールする司令塔のような細胞があります。AGAはこの毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体とDHTが結びついて、毛乳頭細胞から発毛の指令が出なくなったり、脱毛の指令を出したりすることで起こります。毛乳頭細胞の周りには、発毛を促進する毛母細胞があります。

毛乳頭細胞による脱毛指令により、毛母細胞の細胞分裂の活性が低下し、髪の毛の生産がうまくできなくなります。しかし、AGAになったとしても、毛母細胞が死滅するわけではありません。あくまで毛母細胞は休止状態なので、原因の排除や対策をきちんとすれば発毛を促進する活動を始める可能性があります。

その他のAGAの原因

その他のAGAの原因には以下のものがあります。

  • 遺伝
  • ストレス
  • 生活習慣

薄毛になりやすいかどうかは、アンドロゲンレセプター遺伝子検査である程度わかります。アンドロゲンレセプターは男性ホルモン受容体で、DHTと作用しやすい性質を持つ場合は、薄毛になりやすくなります。アンドロゲンレセプターはX染色体にあり、X染色体は母親から遺伝するので、薄毛になりやすいかどうかは母親側の祖先の影響を受けている場合があります。

また、ストレスによるホルモンバランスの乱れや、生活習慣が乱れて不規則な生活をおくると、血管の収縮による血行不良などで頭皮に悪影響を及ぼします。

AGAと円形脱毛症の違いとは

AGAの主な症状には以下のものがあります。

  • 抜け毛が多い。
  • 髪の毛が細くなった。
  • 髪の毛が伸びにくい。
  • 頭皮が油っぽい。

AGAは特定の部分だけごっそり髪がなくなることはありません。場所としては生え際や頭頂部のどちらかが薄くなるか、その両方から髪の毛が薄くなります。地肌が見えやすくなり、髪のボリュームが低下します。加齢によって、細胞の活性力が低下することで髪の毛が薄くなる場合がありますが、AGAは年齢に関係なく起こります。

それに対し円形脱毛症は、特定の部位の髪の毛がなくなることです。主に円形状に髪の毛が抜け、他の部位との境界がはっきりしています。円形脱毛症は自覚症状がなく、ある日突然髪の毛がなくなっていることに気が付く場合もあります。円形脱毛症の原因は自己免疫疾患であるといわれています。

免疫細胞のリンパ球が、本来は攻撃対象でない毛包への攻撃を間違って行うことで脱毛症状が起こります。円形脱毛症は軽度であれば自然に治ることもありますが、薬や塗り薬によって回復が見込めます。しかしAGAは放っておいても治ることはありません。適切な対策を早めにする必要があります。

AGAの治療方法

薬剤による治療

AGAの治療に効果があるとされる薬剤には以下のものがあります。

  • プロペシア(フィナステリド)
  • ミノキシジル

フィナステリドを主成分とするプロペシアは内服薬で、もともとは前立腺肥大の治療薬として開発されました。服用した患者から毛髪が濃くなったという報告があったことから、AGAの治療薬としての研究がなされ、現在は厚生労働省にも認可されている薬です。プロペシアはDHTの働きを抑制するため、継続して服用することで、薄毛の進行を止める効果が期待できます。

これは6ヶ月以上の服用をしなければ実感できません。しかし6ヶ月の継続で48%、3年の継続では78%がAGAの症状の改善を実感できたという報告がされています。毎日定量を継続的に服用することで効果が実感できますが、服用をやめると再び脱毛します。

ミノキシジルは、血圧降下剤として開発された外用薬ですが、多毛症を引き起こす副作用があり、AGAの治療薬として使用されています。毛母細胞に刺激を与えて、発毛を促進する効果があります。特に頭頂部の薄毛対策に効果があり、1年以上の投与で大きな効果を実感できます。

これらの2つの薬剤は、それぞれAGAの対策に有効ですが、進行を止めることと、発毛を促進することとで効果がそれぞれ違うので、2つを併用することでAGAへの治療に大きな効果を発揮します。

しかし割合は少ないですが、副作用が出る可能性はゼロではありません。プロペシアは男性機能の低下、ミノキシジルは胸の痛みや動悸、投与部分のかぶれなどを生じる可能性があるので、服用や投与は医師の指導のもと行いましょう。

施術を行うことによる治療

AGAには頭皮に直接施術を行う治療法もあります。代表的なものには以下のものがあります。

  • 育毛メソセラピー
  • HARG療法
  • 植毛

育毛メソセラピーとHARG療法は、発毛促進成分を直接頭皮に注入します。育毛メソセラピーの場合は、発毛に必要なビタミンやヒアルロン酸などの栄養素を注入して発毛を促進します。HARG療法は発毛に必要な栄養素に加えて、毛周期の休止期に入っている部分に成長因子を注入することで、毛母細胞を活性化させ、発毛を促進します。

定期的に注入を行うことで、毛周期のサイクルを整え、薄毛を改善することができます。育毛メソセラピーとHARG療法の違いは、注入する薬剤の違いにあります。そのため、育毛メソセラピーは、治療費は安価ですが、治療を止めると発毛が再びとまります。HARG療法は治療費が高額になりますが、再生医療を利用した治療なので発毛効果が持続します。

また、HARG療法を行う医療機関は日本医療発毛再生研究会の認定が必要です。植毛の場合は自毛による植毛を行います。後頭部などの発毛サイクルが正常な部分を毛包ごと採取して、AGAの治療部分に植毛します。自毛で行うため、人工毛を使用することで起こる皮膚トラブルが少なく、定着すればAGAが再び発症する可能性が低いとされています。

生活習慣の見直し

生活習慣の乱れによって、薄毛が進行する場合があるので、AGA治療と並行して、生活習慣の見直しを行うことで、効果をより期待できます。規則正しい生活を行い、ホルモンバランスを整えましょう。

また、喫煙も血管の収縮を招くのでよくありません。バランスのいい食事を心がけ、運動をする習慣をつけることで、血行の促進やストレスの発散もできます。ストレスもホルモンのバランスを崩すので、適度に発散するようにしましょう。

AGAの治療ができる医療機関や治療費について

AGAの治療ができる医療機関

AGAの治療を行える医療機関は主に以下のものがあります。

  • 皮膚科
  • 美容外科
  • AGA専門クリニック

皮膚科では主に薄毛の進行を止めるためのプロペシアによる治療を行うため、一般的には発毛の効果は期待できません。美容外科によっては育毛メソセラピーやHARG療法をおこなっている場合がありますが、治療内容は病院によって様々です。AGA専門クリニックは、AGAの治療専門のクリニックで、カウンセリングや検査、原因究明を徹底的に行います。

AGAの専門医師がいるので、確実な育毛を期待するのであれば専門のクリニックでの受診がおすすめです。人によって薄毛の症状は違うので、しっかりとカウンセリングを行い、自分が納得した内容で治療が行える医療機関を選びましょう。

AGAの治療費

AGAの治療には保険が適応されません。そのため、美容外科やAGA専門クリニックでの治療を行うと治療費はかなり高額になる場合があります。専門クリニックでは月に2~3万円が治療費の相場となり、継続して通院する必要があるので、年間ではかなりの額になります。オリジナル処方による治療もあり、クリニックによっても治療費が変わってくるので事前によく確認しましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧