海藻、豆、ゴマ…本当に効く?発毛効果アリとされる食べ物

MENU

CLOSE

海藻、豆、ゴマ…本当に効く?発毛効果アリとされる食べ物

髪の毛作りに必要不可欠な成分

1150d7984ba0c198ac607bdbd7f908f5_s

髪の主成分であるたんぱく質

発毛させたり今生えている髪の毛を育毛させていくためには、髪の毛の主成分であるたんぱく質の摂取を欠かすことができません。 髪の毛というのはたんぱく質の一種であるケラチンで構成されています。食事で体内に取り入れられたたんぱく質を元にして合成されるもです。 たんぱく質が含まれる食材

  • 鶏肉
  • 白身魚
  • 大豆
  • 乳製品など

髪の毛に潤いを与えるミネラル

摂取した栄養を髪の毛に運ぶためにはミネラルが必要です。不足をしてしまうと髪の毛の潤いが失われてしまいます。今生えている髪の毛の健康を保つために欠かすことのできない成分です。 ミネラルが含まれる食材

  • ホウレン草
  • ピーマン
  • 牛肉
  • レバーなど

たんぱく質の働きを助ける亜鉛

AGA治療中の薄毛に悩む男性だけではなく、現代社会の男性には亜鉛が不足してしまいがちです。摂取したたんぱく質が髪の毛の元になるケラチンを作るときに、合成のために必要なのがミネラルの一種である亜鉛になります。不足してしまうと脱毛するだけではなく、味覚障害、精力減退などを招いてしまうものです。 新陳代謝を高めたり毛母細胞の分裂活性化や再生を促す栄養素で、髪の毛を刺激から守ってくれるキューティクルの生成にも欠かせません。 亜鉛が含まれる食材

  • 牡蠣
  • レバー
  • 海苔
  • アーモンド
  • ピーナッツ
  • ゴマなど

なお、ビタミンCやクエン酸と同時に摂取するとより効果的に作用します。

新陳代謝をアップさせるのに役立つヨード

ヨードは海藻の中に多く含まれています。昔から食べると髪の毛が豊かになるといわれてきましたが、これは迷信ではありません。ヨードは新陳代謝を高めるために消費されて、頭皮環境を改善させていきます。 ヨードが含まれる食材

  • わかめ
  • 昆布など

しかし、取りすぎると副作用で甲状腺ホルモンのバランスが崩れますので注意してください。

ビタミンB群で細胞分裂が活性化

毛母細胞が分裂することによって髪が発毛して育っていきます。この細胞分裂が正常に行われなければ、どんなにたくさん栄養を摂っても髪の毛を生えさせることができないのです。 ビタミンB群が含まれる食材

  • ウナギ
  • 青魚
  • 貝類
  • 根菜類など

抜け毛予防のためのビタミンE

抜け毛の原因になってしまう過酸化脂質が作られることを抑制し、毛母細胞への血流をスムーズにする働きのあるビタミンEは、頭皮の血行を促進させるのに役立ちます。 ビタミンEが含まれる食材

  • オリーブオイル
  • アーモンド
  • アボカドなど


発毛に必要になるイソフラボン

イソフラボンは食物性エストロゲンと呼ばれており、女性ホルモンと似た働きをします。男性にも存在している女性ホルモンは、丈夫な髪の毛を生やすために必要となるものです。イソフラボン同様にAGAに効果のある育毛剤に含まれている成分であるカプサイシンと同時に摂取することで、相乗効果で発毛が期待できるとされています。 イソフラボンが含まれる食材

  • 味噌
  • 豆腐
  • 豆乳
  • その他大豆製品

育毛を妨げてしまう食品について

df5bda65dfd55a9906e37e69c6052572_s

量が増えると問題のあるアルコール

ストレス社会を生きる現代人において嗜むかたの多いアルコールは、量が多くなってしまうと肝臓の働きが活発になり、髪の毛に運ばれるはずだった育毛に必要な栄養までアルコール分解に消費されてしまいます。少量であれば血行促進に役立ちますが、どうしても飲みすぎてしまいがちですので気をつけてください。

皮脂過多になりやすいインスタント食品

手軽なことでつい摂取してしまうインスタント食品、またはファストフードなどの多くは、脂肪をたくさん含んでいます。脂肪を摂りすぎると皮脂が過剰に分泌されて毛穴を塞いでしまい、頭皮の炎症や薄毛の原因になってしまいますので、なるべく控えたほうが賢明です。いくらクリニックで費用をかけて頑張ってAGA治療に励んでいても、食生活が乱れてしまってはせっかくの効果が思うように表れなくなります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧